荘内銀行と業務提携しました。

 

株式会社荘内銀行との業務提携契約締結について
―「特定技能」モンゴル人材の紹介―

 

株式会社 IHC (本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:金子昌弘、以下「IHC」)は、株式会社荘内銀行(本店:山形県鶴岡市、頭取:田尾 祐一)と、特定技能モンゴル人材紹介に関するビジネスマッチング契約を締結しましたのでお知らせいたします。
今後は皆様のご期待に応えるべく、両者の得意分野を結集し、なお一層誠心誠意努力する所存であります。

  1. 業務提携先
    株式会社荘内銀行
  2. 概要
    外国人材に特化した雇用コンサルティング会社である IHC に対し、当行が、特定技能(※1)
    の対象となる 14業種(※2)にかかる人材ニーズを有する企業を紹介いたします。その後、IHCが直接紹介企業の求人詳細を確認し、人材を紹介します。

※1「特定技能」
・2019年4月に新設された在留資格。取得には技能及び日本語能力の試験に合格するか、技能実習で一定の条件を満たす必要がある。
・14業種での就労が認められ、同一業種であれば転職も可能。在留期間が通算上限5年の「特定技能1号」と1号より熟練度が高く在留期間に通算上限の定めのない(要件を満たせば家族帯同、永住も可)「特定技能2号」の2種類がある。

※2「就労可能な対象14業種」
1介護、2ビルクリーニング、3素形材産業、4産業機械製造業、5電機・電子情報関連産業、6建設、7造船・船用工業、8自動車整備、9航空、10宿泊、11農業、12漁業、13飲食料品製造業、14外食業

 

山形新聞にて紹介されました。

20210326_山形新聞(IHC・荘内銀行業務提携)

荘内銀行と業務提携しました。」への1件のフィードバック

  1. WordPress コメントの投稿者 返信

    こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です